現在、サイトデザイン・過去記事を少しずつ修正中です。

エリーゼ 北海道ミルク(ブルボン)、昭和から愛されているロングセラーお菓子!簡単な歴史とカロリーも紹介

●動画●

今回は、エリーゼ 北海道ミルク(ブルボン)を頂きました。
長い間、沢山の人から愛され続けているロングセラー商品ですね^^

エリーゼの他の種類として、チョコ、ホワイトクリーム、神バナナ(期間限定)、ショコラ、瀬戸内レモン(地域限定)、久米島の紅いも(地域限定)も発売されています。

目次

エリーゼ 北海道ミルク(ブルボン)の情報など

公式webサイトの情報↓

サクッと香ばしいクリームウエハース
北海道産乳製品使用
やわらかくまろやかなミルククリームを包み込んだサクッと軽い歯ざわりのウエハース。

ブルボン:https://www.bourbon.co.jp/

パッケージにも同様の商品説明や、本商品のイメージ画像が載せられてます。

エリーゼ-北海道ミルク(ブルボン)2

↓袋を開封しまして。

エリーゼ-北海道ミルク(ブルボン)3

エリーゼ-北海道ミルク(ブルボン)4

↓中身も取り出しまして。

エリーゼ-北海道ミルク(ブルボン)5

エリーゼ-北海道ミルク(ブルボン)6

エリーゼ-北海道ミルク(ブルボン)7

エリーゼ-北海道ミルク(ブルボン)8

エリーゼ-北海道ミルク(ブルボン)10

エリーゼ-北海道ミルク(ブルボン)9

甘さ、香ばしさ、ミルクを感じる匂いがします。

↓断面はこんな具合です。

エリーゼ-北海道ミルク(ブルボン)11

ミルククリームが確認できました^^

エリーゼの栄養成分(カロリー)・原材料など

●栄養成分(2本1袋当たり)●
エネルギー:39kcal
たんぱく質:0.6g
脂質:2.1g
 -飽和脂肪酸:1.1g
炭水化物:4.4g
 -糖質:4.3g
 -食物繊維:0.1g
食塩相当量:0.02g

●名称●
クリームウエハース

●原材料名●
小麦粉、植物油脂、砂糖、ぶどう糖、全粉乳、ホエイパウダー(乳成分を含む)、脱脂粉乳、デキストリン、バターミルクパウダー、大豆粉、乳糖、液卵黄(卵を含む)、コーンフラワー、食用加工油脂、モルトエキス(小麦を含む)、食塩 / 乳化剤(大豆由来)、香料、着色料(カラメル、カロテノイド、ウコン)、ソルビトール

内容量:16本(2本×8袋)
製造者:株式会社ブルボン

1本20キロカロリーないんですね!無限に食べても良いような気持ちになります(食べ過ぎは注意)。

エリーゼの歴史や【ブルボン総選挙】での結果

ブルボンは1924年(大正13年)11月20日に創立され、2024年で創立100周年になります。
そしてエリーゼが発売されたのは1979年(昭和54年)、今も愛され続けているロングセラーお菓子となりました。

また、ブルボンビスケット総選挙では、次のような結果を残しているそうです。
2018年【7位】、2019年【10位】、2021年、【5位】。

【ブルボン総選挙】は、ブルボンが扱うお菓子の人気投票をして、ランキング形式で結果を発表するといったブルボン主催のイベントです。ビスケットの日(2月28日)に合わせて毎年開催され、投票すると抽選でブルボンお菓子が当たります。
※2024年7月現在には、プチシリーズ総選挙なども開催しています。

ちなみに2024年のブルボンビスケット総選挙の結果はこうなりました。

1位ルマンド、2位アルフォート、3位バームロール、4位シルベーヌ、5位チョコリエール、6位贅沢ルマンド、7位ホワイトロリータ(ラッキーセブン賞)、8位ミニ濃厚チョコブラウニー、9位ブランチュール、10位ガトーレーズン、30位ラングロールショコラ(アルフォート30周年賞)、50位ミニルマンドキャラメル(ルマンド50周年賞)

残念ながらランクインならず…来年に期待しましょう!

エリーゼ 北海道ミルク(ブルボン)を食べた感想など

ウエハースは軽いサクサク食感です。
ミルククリームはやわらかめのまろやかな口どけで、ほどよい甘さにミルク感を提供してくれます。
あれ…?サイトの商品説明と同じ感想となってしまいましたが…w
安定して楽しめる一品といった印象で、美味しいですね!
沢山の人に長く愛されるのも納得のシリーズです!!

エリーゼ-北海道ミルク(ブルボン)15

エリーゼ-北海道ミルク(ブルボン)13

エリーゼ-北海道ミルク(ブルボン)14

エリーゼ-北海道ミルク(ブルボン)12

熱量は1袋39kcal、8袋全部で320kcalとなります。

エリーゼ 北海道ミルク(ブルボン)、興味をもたれた方は、お試し下さい。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\商品券4%還元!/
Yahooショッピングで探す

よろしければ、こちらの記事もどうぞ↓

フィリピンの伝統的な朝食のひとつ、お湯を入れるだけで楽しめます^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次